White's(ホワイツ) - Sole


ホワイツの該当のモデルはソールをご選択頂けます

ホワイツには多彩なソールがありますので、使用用途やお好みでご希望のソールをご選択下さい
ソールによって履き心地はもちろん、見た目の印象も異なってきます


通称 ビブラムソール

スモークジャンパーの標準ソール
厚みがありゴツゴツしたパターンで迫力がある
オフロードにも適していて、グリップ・クッション性に優れる
ホワイツの場合は耐火性能も備えたソールとなり、現行タイプは白いマークが入る

ダブルレザーミッドソールとの組み合わせの場合、ソール裏までステッチが入らない
通称 ハニービブラムソール

#100ソールと同じパターンで生ゴムタイプのカラーとなる
ソールエッジのカラーはナチュラル仕上げ固定となる

ダブルレザーミッドソールとの組み合わせの場合、ソール裏までステッチが入らない
通称 ミニビブラムソール

#100と#700の中間的な位置付けのソール
横から見た厚みは#700とほぼ同じ
バイク乗りの方にも人気が高くワークなどにも使える
通称 コンポジションソール

接地面が広く、アスファルトなどの普段使いに適したパターンとなっている
横から見た厚みは#430とほぼ同じ
通称 ウエスタンソール

ウエスタンブーツなどに使われる事が多いソール
ゴムソールの中では一番薄く、中央から後端にかけて更に半分ほどの厚みになる
スタイリッシュでセミドレスに組み合わせる方も多い
通称 ミニビブラム ハーフソール

#430ソールを中央まで張ったソール
基本的な特徴は#430と同じ

ヒール部分にはゴムが入らなくなるので、その分ヒールリフトの積み上げによって高さを調整される
スタイリッシュなラインが特徴で、オールドな雰囲気にもマッチする
ダブルレザーミッドソールと組み合わせる方も多い
通称 700 ハーフソール

#700ソールと同じパターンを持つ薄いソールを中央まで張ったソール
薄手のレザーミッドソールと一体型で作られる
「薄手のレザーミッドソール+薄手のレザーミッドソール一体型ソール」 という構成になる
ゴムソールが取り付けられている部分のソール全体の厚みは#430/#700ソール等と同等

基本的な特徴は#700と同じく街履きに適したパターンのハーフソール
オールドな雰囲気やレザーソールっぽさを演出したい方にはお勧め
ダブルレザーミッドソールとの組み合わせは不可能
通称 コマンド ハーフソール

#100ソールに似たラグパターンを持つ薄いソールを中央まで張ったソール
薄手のレザーミッドソールと一体型で作られる
「薄手のレザーミッドソール+薄手のレザーミッドソール一体型ソール」 という構成になる
ゴムソールが取り付けられている部分のソール全体の厚みは#430/#700ソール等と同等

他の薄手のソールと異なり、サイドにも少しゴツゴツした面が見えるのも特徴的
オールドな雰囲気やレザーソールっぽさを演出したい方にはお勧め
ダブルレザーミッドソールとの組み合わせは不可能
レザーソール

セミドレスの標準ソール
レザーソールは高級紳士靴などで定番になっている
地面の感覚が伝わり易く、独特の履き心地を好む方も多い
ミッドソールとソールを兼ねるため、薄いソール周りとなる
ゴムのソールに比べると減り易く、雨の日は滑り易いので注意が必要
ダブルレザーソール

レザーソールをダブルにして厚みを持たせたタイプ
レザーソールのスタイリッシュさが良いが、迫力も欲しいという方にはお勧め
ゴムのソールに比べると減り易く、雨の日は滑り易いので注意が必要
EVA素材を使用したフラットソールで見た目より軽いのが特徴
厚みもあり迫力があるので、ホワイツブーツのボリュームにもマッチする
クッション性は良いが減りは早い傾向にある
ミッドソールにハーフスリップレザーミッドソールが標準装備となる
ソールエッジのカラーはナチュラル仕上げ固定となる

※スモークジャンパーに使用する場合はLast変更が必須
上記#2021 ベージュと特徴は同じだが、ソールエッジのカラーは自由に選択可能
ブラックの場合は引き締まった雰囲気になる
ミッドソールにハーフスリップレザーミッドソールが標準装備となる

※スモークジャンパーに使用する場合はLast変更が必須
通称 トラクションソール

他メーカーでもよく見るお馴染みのパターンを持つフラットなソールでクッション性に優れる
#2021より薄いので軽快な印象になる
ミッドソールにハーフスリップレザーミッドソールが標準装備となる
ソールエッジのカラーはナチュラル仕上げ固定となる

※スモークジャンパーに使用する場合はLast変更が必須




White's(ホワイツ)・Wesco(ウエスコ) オーダーブーツ専門店 Gulf Trading